スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ありゃりゃ、GC条件付削除の指紋摂取
【関連記事】
高い!痛い!GC条件付削除の申請
早いじゃないか移民局!~GC条件付削除の続き~

先日、GC条件付削除の指紋摂取のためニューオーリンズの移民局へ行ってきた。
以前も言ったとおり、必要書類を送って3週間後には予約の通知が来た。
全然期待してなかったのに早かった。

でも予約の時間は朝の8時!!フロリダから車でけっこうかかるし、早いんだよっ!
行く前に行ったことがある知り合いに、「あそこの場所はわかりにくいんだよ」「朝はラッシュアワーで混むよ」と聞いてたので時間は十分にとって行った。

さて聞いてたとおり、国道10がニューオーリンズに近づくにつれて朝のラッシュアワーに遭遇。トロトロ動いているがまだ動いているからいい。国道610に入ると渋滞は一気にましになった。

そして、言ってた場所!まず国道の出口を間違えちゃって(わかりにくい出口)でもなんとかUターンで戻って36th通りに入る。この道が国道10沿いで一見、「こんなところにあるの?」って思ってしまう。

で、移民局の入ってるビルはEdenborn avenueにあります。ヤフーマップなどをみるとこのビルは通りを入って少し行ったところになってますが実際は通りのにあります。もし行く人がいたら注意してください。通り過ぎちゃう人が多いらしいです。駐車場は無料でビルの左側に隣接されています。

移民局はビルの3階。セキュリティーを通って一番奥の6番窓口へ行くように言われました。ここで思ったのが、「けっこう綺麗なオフィス」まぁ、どうでもいいこと?窓口でチェックイン?して指紋摂取のために手を表裏見せるように言われ渡された用紙を記入してカウンターに渡す。

そして5分後、、、

名前が呼ばれて6番窓口の中のオフィスへ。そこで記入した用紙(住所など書いてある)の確認と指紋を手のひらや指のひとつひとつ丁寧にとられる。ハイテクね。

指紋をとられた後係りの人に、「じゃあ写真を撮るからここをみて」
私:「え、、写真撮られるの!?(動揺)」

ていうか、スッピンやん!

実は私、朝が早かったし指紋摂取だけだと思ったので、化粧しないで行ったのでした、、完全に女を捨ててるわ。

しまった!化粧ぐらいしてくれば良かった!で、その場で、「写真はこんなのよ」と係りの人に見せてもらい、「はぁ、運転免許証よりはましだわ 」とコメントすると係りの人に爆笑されました。

いやはや、でもほんとにもう写真も撮られると思ってなかったんだもん。かろうじて眉毛は描いていった。でも口紅もなし。あの写真が10年物のGCになるのかぁ、はは。

写真を撮ったあとは、「あぁ、もういいわよ」と言われ私、拍子抜け。「え、こ、これだけ!?」「そうよ」そして係りの人は黄色い小さな紙を私に私、「これを書いてあの箱にいれてね。」と言った。その紙とは、、、

カスタマーサービスのサーベイ でした。今日の移民局の対応に関する評価・質問・コメントが書けるようになっていました。さっすが、$545(約6万円)も払ってるんだからサービスを向上しようとしているのか!それはいいこっちゃ。

そして私たちは移民局を後にしたのでした。着いてから出るまでにかかった時間、約30分。はやっ!駐車場を出るときにこのビルを通り過ぎて引き返している車が数台いました。やっぱり場所がわかりにくいのだよ~。

知り合いによると私の場合、面接はなくてこのまま10年物のGCが届くんじゃないか?とのこと。ふ~ん、指紋摂取・写真で終わる人もいるのかぁ。さて、移民局からの次の連絡・手紙はいつでしょうか~。


ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト
【2008/08/27 22:32】 アメリカ生活 | トラックバック(0) | コメント(3) |
初心者の、物を持たない生活
秋のセメスターが始まりましたが、みなさんお元気ですか?
今日はフロリダは熱帯性暴風雨フェイの影響で雨です 

7月末の引越し関連について書きたいと思います。
【関連記事】
要る・要らないものを見極める
冬服大処分のその後

エコ生活を心がける一環&必要なものだけを持つ生活がしたいので
引越しを機に使っていないものを大量に寄付することに。

その際、寄付する物はトラックに乗せれるだけ乗せて
グッドウィルに1回のみ足を運びました。
というのが、引越しの最後のほうは片付いてない物を
全てダンボールに詰めて新居へ持って行くことになったのです。
要るのか、要らないのか、をわける暇がなくって、、、
なので新居で要らないものを見極め中。
近々また寄付しにグッドウィルへ行く予定。

私物をダンボール1個に詰めるというのも
要らないものを処分する時間がなくて結局1個以上になりました 
私物で何が多かったっていうと本と心理学文献!!!
服、靴、カバンより多いなんて女気なしです。トホホ。

とくに大学院(心理学専攻)の時の文献が多くって。
でも卒業して以来読んでないものばかり、、、
そこでいくつかの文献はキープして他はアブストラクトが載ってる
最初のページのみをキープ、他のページはリサイクルすることにしました。
これで大幅にスペースを増やすことができました!

それにしても物って知らないうちにどんどん増えていくもんですね 
もともと物を買う頻度は少ないはずだし
要らないものは随時処分しているはずが
今回予想の数倍も荷造りが大変でした。
娘ができておもちゃ関連などがどっと増えたからかな??

必要な物だけを持つ生活、、なんとかがんばります 

ランキングに参加中。クリックしていただけると嬉しいです!
いろんなブログが見れますよ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ


【2008/08/23 22:16】 エコ生活 | トラックバック(0) | コメント(5) |
早いじゃないか移民局!~GC条件付削除の続き~追記訂正
めずらしく2日連続の書き込みです 

以前にGC条件付削除の申請について書きましたが、びっくり!もう面接の予約の手紙が来ました。はやっ!!!申請してから約3週間で届きました。

まずはじめに、申請後10日でNotice of Actionという手紙が届きました。これは自動的にGCを1年間延長しますと言うことが書かれている手紙です。

そして今回の面接予定日が書かれた手紙が先週末に到着。それも面接の日が今月末ではないですか!!!こんなに早く進むものなのか??$545(約6万円)もお金をとるからその分手続きが早くなったのか!!こんなに早いとは期待してなかったので、いい意味で期待はずれ 

それにしても疑問が2つ。まずは、フロリダだからテキサスのサービスセンターにI-751の書類を送ったのに何故か?バーモントのセンターから手紙が届いたこと。

あと、ちょうど引越し予定だったので、I-751にはその時に住んでた旧住所を書いてその下に送付先(Mailing address)は念のため夫の実家にしていたのにNotice of Actionは旧住所宛に、そして面接の手紙は夫の実家宛に届いたこと。

まぁ、どちらもちゃんと私の手元に届いたから良かったんですが、どうしてNotice of Actionが夫の実家宛ではなく旧住所へ届いたのかが疑問です。でもちゃんと引越しした後にUSCISのサイトで新住所へ住所変更をしておきました。これはオンラインでもできます。10日以内に住所変更するのが義務付けられています。あと日本総領事館へ在留届の住所変更(私は同じ州内での引越しなのでフロリダ在日本総領事館)を出すのも忘れないように~

なにはともあれ、I-751を送ったときに添付した結婚生活を証明する書類が3つだけだったんで足りないかな?と内心ちょっと心配(小心者)してたんですが、なんとかうまく行ってよかったです。

ランキングに参加中。クリックしていただけると嬉しいです!
いろんなブログが見れますよ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

【追記訂正】
8月17日(土)
いろいろネットで条件付削除の手続きについて検索+
今回届いた手紙をもう一度読んでみると
今回の出頭は面接ではなく指紋摂取のみの予約のようです。
面接についてはこの指紋摂取のあと面接の日が書かれた手紙が届くようです。
【2008/08/11 22:24】 アメリカ生活 | トラックバック(0) | コメント(4) |
終わりではなく、始まりである
みなさん温かいメッセージありがとうございます。
先週の火曜日にインディアナ州からフロリダに戻りました。
月末は引越しに追われて慌しく過ごしました。

娘がまだ小さい(8ヶ月)と言うこともあって
甘えたい娘を左に抱えて右手で荷造りをしました。
重たい、しんどい、なんて感じてる暇もなく
ただひたすら身体を動かし引越しを完了させました。

今思うと悲しい現実に向きあいたくない自分にとって
忙しかったのは良かったのかもしれません。
とにかく引越しを済まさねば!という気力でやりました。

夫のおばあちゃんは事故で亡くなりました。
おばあちゃんは80歳を過ぎてたんですが
とても元気で良い意味で気が若い可愛いおばあちゃんでした。
ちょっとの外出でも、「化粧しなくちゃ!」と身なりに気を使い
いつまでも女性らしさを忘れない生き方は本当に素敵でした。
これは日本の私のおばあちゃんにも通じるもので
私も見習わなくっちゃなぁといつも思ってました。

そしてこれも私のおばあちゃんにも言えますが、
2人ともものすごい人生を過ごしてきたのでとてもタフで
人に寛大で自分のことよりも周りを優先するタイプです。
子供や孫に溢れる愛を注いで。
ガーデニングが趣味でした。

私のことも孫のように可愛がってくれました。
ユーモアがあってよく笑わせてくれました。
4月に会ったのが最後になりました。
娘をみせにインディアナへ行きました。
その時の写真は素敵な写真立てへ。
おばあちゃんの素敵な笑顔が写っているから。

フロリダへ戻ってきた日は久しぶりに熱が出ました。
おばあちゃんが亡くなったという事実を冷静に受け入れつつ
人生をいろんな観念から考えています。宗教も含めて。
お葬式で言っていた『死は終わりでなく、始まり』が頭に残っています。

人生って、大切なものって、大切な人って。
死は必ず来るもので、『いつ』なのかがはわからないだけ。
今回家族って本当に大切だなぁと今一度再確認しました。

私にとっても心の中で新しい何かが始まった気がします。
【2008/08/10 23:23】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。